masamiホームページ

ブログも描いてます

趣味がほとんどですが、パソコン・仕事関係も書いてます

URL:https://blog.goo.ne.jp/themasami 

施工計画・作業計画の建設機械図形

建設機械・仮設機材等の図形を描いて、Excelのまとめてみました

Excelのシートに各機械の代表的な図形を貼付、マクロを登録して各図形をクリックすると

いろいろな角度から描いた図形が表示され、図形をコピーして計画書等に貼付ると

他社と一味違う計画書が出来ると思います

図形の種類は「建設機械」「資材」「施工方法」に分けて整理しています

3Dのイラストも種類ごとにフォルダーに分け整理しています

「図形メニュー」

代表的な図形を一枚のシートに収録しています、各図形をクリックすると各ファイルが開きます

各ページの一例  パーツは可動出来ます

「施工方法メニュー」

図形をクリこちらもックすると各シートが表示されます

表示されるシートの一例

「資材メニュー」

表示されるシートの一例

3Dイラストファイル

  メニュー形式にしないでファイルから開く

ファイル内の一例

3D工事イラストワークス

メガソフトから発売されている3D工事イラストワークスを使ってみた

パーツも沢山そろっていてわりと操作も簡単、直感的に使える優れものだと思いますが

PC1台にキー1個、値段も高価でなかなか手が出ない

体験版がフル機能の30日間の期間限定

とりあえず体験してみました

体験版で描いてみました

施工方法

工種ごとにファイルに納めています

一部を紹介します  ほとんど図形で文字が少ないのが特徴、監督のうけは良いです

デキスパート施工方法

施工計画で一番悩ませるのが「施工方法」

最近、デキスパートの「施工計画作成支援」が普及され使用している人も多いと思います

私も、その一人ですが、なかなか現場に合った物じゃないから文書はかなり気を付けなきゃ実際とかけ離れた物になるし、

図形もありきたりの一般的の図形で実際使わない図形になってしまうし、各社同じものがよくみかけます

私は、文書は参考にさせて現場に合った文書に直して、図形は幸いにExcelのオブジェクトのグループになっているので

グループ解除し入らない図形を削除し自分で作った図形の中から、現場に合った物を貼付て少しはオリジナルな物に

直してます



デキスパートの舗設工事(転圧)の駒絵ですが、小工事や狭い道路などではこんな大きな転圧機械は

使用しないでしょう

駒絵を右クリックして「グループ化」「グループ解除」するとこのようになり、不要な機械を選択し切り取り  します

エクセルの図形の中から実際に使用する機械を選択しコピーし

張り付けし拡大・縮小しサイズを合わせて、こんな感じで使用機械を変更すると現場に合わせた施工方法が作成できます

デキスパートの施工方法は大工事用の駒絵や記載された機種も一般的な仕様書ので、実際に現場で使用できない

機種が多いので、文章もよく確認しないと実際の現場施工と大きく異なる場合が多いので、検査時に指摘される

事が多々あるので要注意です

建設機械等の駒絵をエクセルのオブジェクトで保存しておくとこのような加工は簡単です

施工管理・品質管理等も十分注意しないと実際に実施しない試験等もプリントされてしまうので要注意です


余談ですが、デキスパートの施工方法はデキスパートの中でエクセルファイルでそのまま格納されているので

パソコンの中で探しコピーして別ファイルに保存すると施工方法が簡単にデキスパートから外して使用できる

のがちょっとお粗末なつくりです、出来形・品質等は残念ながらデキスパートから外すのは難しいかな?

ベクターに公開しています

  • 私の作成したファイルの一部をベクターにアップしています
  • フリーソフトで公開しているので譲渡希望される人は特に、ダウンロードして動作確認してください

   URL:https://www.vector.co.jp/vpack/browse/person/an041167.html


最近、更新していないのでバージョンは古いですがほとんどがエクセルのファイルなので動作に問題はないのでは